受付時間
9:00~12:00 × × ×
14:00~22:00 × × ×

休診日:木・日曜、祝日
※土曜日は17:00までの診療
※平日19:00~22:00は交通事故のみ対応

たわらや整骨院 0120345693

アクセスマップはこちら

〒253-0086 神奈川県茅ヶ崎市浜之郷435-1

スタッフブログ

頑張る人ほど危ない「バーンアウト症候群」

頑張る人ほど危ない「バーンアウト症候群」

頑張る人ほど危ないといわれる「バーンアウト症候群」
今まで、熱心に仕事に打ち込んでいた人が突然、意欲を失い無気力状態に陥ってしまう現象を「バーンアウト=燃え尽き症候群」といいます。

「バーンアウト症候群」は心因性(反応性)うつ病の一種で、仕事や生き方、対人関係などが、自分の意志とは違った期待はずれの結果に、また、大きな仕事をやり遂げた後に起こる、疲労感や無気力感など、文字通り「燃え尽きてしまったような状態」をいいます。

人は、仕事だけでなく、家事、人間関係、将来設計、子供であれば学業など、さまざまなストレスに囲まれて生活しています。
「バーンアウト」してしまう人とそうでない人、症状やリスクについて検証してみましょう。

【バーンアウトの症状】

1) 態度の変化
怒りっぽくなり、不平不満が増える。引きこもりがちになる。

2) 逃げの行動
忙しそうな振りをしたり、人との関係を避ける。休みがちになる。

3) ストレス性の身体状態
イライラして落ち着かなくなる。

4) 燃え尽きの否認
自分の存在感をアピールするために、スケジュールをつめたり、わざと多忙な状況を作る。

5) 崩壊
1〜4の悪循環で、不安・怒り・恐怖が強まり、抑うつ感と攻撃性が高まり、正常に人間関係が保てなくなる。

【バーンアウトのリスク】

・理想と現実のギャップで、ショックを受けた。

・自分の内面と他人の外面を比べ、自分を非難する。

・仕事と生活が一体化してしまう。

・ありのままの自分が受け入れられず、自分のニーズから背く。

・「むくわれ感」が持てない。

・使命感・義務感・責任感が強すぎる。

・手が抜けない。

・成功への期待感が高い。

【バーンアウトの対処法】

・仕事や家事などを休み、休養や健康的な生活を送る。

・精神的・情緒的疲労の依存から回復する。

・「ここまで頑張れたから少し休もう」と自分を癒す。

まずは、自分が「バーンアウト症候群」であることを自覚し、速やかに適切な対処を行うことが回復への第一歩といえます。

たわらや整骨院へのお問い合わせ

たわらや整骨院

048-265-0232

住所
〒253-0086
神奈川県茅ヶ崎市浜之郷435−1

アクセスマップはこちら

受付時間
9:00~12:00 × × ×
14:00~22:00 × × ×

休診日:木・日曜、祝日
※土曜日は17:00までの診療
※平日19:00~22:00は交通事故のみ対応

HOME

初めての方へ

アクセス・料金

採用情報

施術メニュー

症状別メニュー
【全身・その他】

患者様の声

ブログ

院概要

初回割引キャンペーン
  • たわらや整骨院
  • LINEで予約