受付時間
9:00~12:00 × × ×
14:00~22:00 × × ×

休診日:木・日曜、祝日
※土曜日は17:00までの診療
※平日19:00~22:00は交通事故のみ対応

たわらや整骨院 0120345693

アクセスマップはこちら

〒253-0086 神奈川県茅ヶ崎市浜之郷435-1

打撲

交通事故治療について1)ケガの種類

交通事故治療について1)ケガの種類

 

交通事故の人身事故でのケガの種類について。

車同士、または車と人などの人身事故では、相当な衝撃を受けていることが多くあります。

ケガには、「目に見える痛み」と「目に見えない痛み」があります。

「目に見える痛み」とは、X線などの検査で骨などの損傷が見られるもので、以下の種類があります。

 

【骨折】

骨折とは、関節でない骨の部分が折れる状態で、折れた部分に変形が起こり固く腫れが起こってくるのが特徴です。

 

【脱臼】

脱臼とは、関節が外れて動かなくなる症状です。

外見的には判りにくいこともありますが、ケガをした瞬間に関節が固定され、動かなくなり、むやみに引っ張ると危険です。

 

【捻挫】

捻挫とは、衝撃で関節の骨がずれて、軟部組織が損傷した状態です。

関節はある程度動きますが、筋肉をコントロールできない状態になるため、固定が必要です。

 

【挫傷】

挫傷とは、筋肉中の繊維や血管が切れた状態で、「肉離れ」とも呼びます。

3〜5日後に皮下出血がでてくることもあり、適切な処置が必要です。

 

【打撲】

「うちみ」とも呼ばれ、損傷部位が熱を持って腫れて紫色の皮下出血が起こるのが特徴です。

特に重傷の場合は、皮下出血だけでなく、筋膜や筋肉、さらに骨膜まで損傷を受けることもあり、血腫(血の固まり)ができると治りにくくなることもあり、十分な注意と適切な治療が必要です。

 

「目に見えない痛み」には、主にむち打ち症があります。

むち打ち症は、X線やMRIなどの画像検査では確認できないことが多く、様々な症状をもたらします。

 

【むち打ち症】

むち打ち症は、首部やその周辺が事故などの衝撃により損傷を受けた際に、身体の麻痺や機能障害を発症するものです。

事故直後より、少し後に症状が現れるのが特徴で、「肩こり」「頭痛」「吐き気」「めまい」「食欲不振」など、不定愁訴など様々な症状がみとめられています。

 

「むち打ち症」が原因とする様々な症状を詳しく説明していきましょう。

HOME

初めての方へ

アクセス・料金

採用情報

施術メニュー

症状別メニュー【全身・その他】

患者様の声

ブログ

初回割引キャンペーン
  • たわらや整骨院
  • LINEで予約