茅ヶ崎市で口コミ上位の整骨院|「捻挫」に自己判断は危険?!

受付時間
9:00~12:00 × × ×
14:00~22:00 × × ×

休診日:木・日曜、祝日
※土曜日は17:00までの診療
※平日19:00~22:00は交通事故のみ対応

たわらや整骨院 0120345693

アクセスマップはこちら

〒253-0086 神奈川県茅ヶ崎市浜之郷435-1

捻挫の症状は、関節の種類や損傷の程度によってさまざまです。

一般的には、腫れや皮下出血程度と軽い症状で済むこともありますが、万が一判断を誤って初期治療が遅れると症状の悪化につながることも。

適切な判断のために、これだけは知っておきましょう。

 

関節に何らかの突発的な力が不自然にかかり、可動範囲を超えた動きを強いられることで受ける外傷が「捻挫」および「脱臼」です。

このうち関節を構成している相互の骨と骨の間にずれがないものを「捻挫」、多少でもずれが生じたものを「脱臼」または「亜脱臼」といいます。

 

捻挫を起こしやすい部位として多いのが、足首の関節。続いて、肩、膝、足、背骨など身体全体に及びます。

これらの関節の動きをずれないようにコントロールの役目を果たしているのが「靭帯」です。

捻挫の重症度を左右するのが、この「靭帯」。

靭帯は受けた衝撃によって、のびたり切れたりし、最も重くなると靭帯が完全に断裂する「靭帯損傷」ということにもなります。

つまり、捻挫とは靭帯が断裂まで至らないケースのことをいい、骨折を伴わない外傷をいいます。

 

治療の方法は、受傷直後はまず内出血を抑えることが最優先。そのための処置としては、局所の安静(Rest)、冷却(Icing)、圧迫(Compression)、患部を高く挙げる=高挙(Elevation)が基本で、頭文字をとってRICEといいます。

その後は、重症度によって、弾力包帯や絆創膏、テーピング、固定装具などで関節の動きを制御するのが一般的な治療法です。

 

ここで、気をつけなければ行けないのが、検査と診断です。

X線による検査で、骨折や関節のずれ、そして靭帯の断裂などの症状を確認、重症度を判断します。

万が一、靭帯損傷が断裂している場合は、非常に重傷なケースです。

断裂した靭帯が修復されないまま経過すると、関節にゆるみが残り後遺症になって残る可能性もあるので注意が必要です。

また、捻挫による治療法は、受傷した関節、患者さんの年齢や職業、スポーツや力仕事をするかどうかなど、その人によって変わってきます。

そう、「捻挫」の自己判断は非常に危険なのです。

必ず専門治療機関で適正な検査と治療を受けるようにしましょう。

HOME

初めての方へ

アクセス・料金

患者様の声

施術メニュー

症状別メニュー【全身】

症状別メニュー【頭・首・体幹】

症状別メニュー【肩・腕】

症状別メニュー【足】

交通事故に関する記事

ブログ

子供だけで経済を回す無人島での3日間