受付時間
9:00~12:00 × × ×
14:00~22:00 × × ×

休診日:木・日曜、祝日
※土曜日は17:00までの診療
※平日19:00~22:00は交通事故のみ対応

たわらや整骨院 0120345693

アクセスマップはこちら

〒253-0086 神奈川県茅ヶ崎市浜之郷435-1

骨折のリハビリ・骨折後の関節拘縮や筋力低下

骨折を治そう_1)初期治療

骨折を治そう_1)初期治療

交通事故やちょっとした日常生活で、骨折してしまったときのため、少しでも早く回復するための治療法をご紹介しましょう。

 

【初期の痛み治療】

骨折した初期は、炎症による痛みを伴い、しっかりコントロールする必要があります。

痛みの強い炎症期は、まず患部を氷などで冷やし(アイシング)炎症を抑え、シップ鎮痛剤で痛みを抑えます。

アイシングには、コールドパック(保冷剤)、アイスパック、冷湿布、コールドスプレーなどを用います。

 

骨折の応急処置としては、RICEの法則が一般的です。

Rset(安静)、Icing(冷却/アイシング)、Compression(圧迫)、Elavation(持ち上げる)という方法は、できる限り炎症や出血を抑えることで、病院へ行くまでの処置として有効です。

 

【固定治療法】

治療法は、骨折した骨にズレがあるかないかを検査します。

ズレがなければそのままの状態でギブス固定します。ズレがあれば、整復を行います。

 

■  ギブス固定

骨折部位を保護し、日常生活の中で動かないよう制限することで、骨が正常に戻るよう矯正します。

従来は固定する素材には石膏を用いていましたが、現在では、グラスファイバーが主流です。

強くて軽い、水にも強いというグラスファイバーの特徴が、ギブス固定には適しています。

ただし、手指や細かな成形が必要な箇所などには、石膏が適している場合もあり、損傷箇所や症状により使い分けます。

 

■  そえ木固定

石膏やグラスファイバー、アルミニウムなどでできた板(シーネ)という板で、骨折した部分を包帯やテープで固定する方法です。

 

■  内固定手術(整形外科など)

手術により骨のズレを直し体内で固定します。

固定には、金属にピン、ワイヤー、プレート、スクリュー、ロット(棒)などを用います。

 

■  その他の固定

鎖骨などでズレのない骨折の場合などは、鎖骨バンドや包帯などで、衣服の中に装着するソフトな矯正方法もあります。

 

当院では、交通事故治療において豊富な症例実績を持ち、患者さまに応じたカスタマイズ治療を行っています。

すでに通院中の方も、どうぞ気軽にご相談ください。

HOME

初めての方へ

アクセス・料金

採用情報

施術メニュー

症状別メニュー【全身・その他】

患者様の声

ブログ

初回割引キャンペーン
  • たわらや整骨院
  • LINEで予約