受付時間
9:00~12:00 × × ×
14:00~22:00 × × ×

休診日:木・日曜、祝日
※土曜日は17:00までの診療
※平日19:00~22:00は交通事故のみ対応

たわらや整骨院 0120345693

アクセスマップはこちら

〒253-0086 神奈川県茅ヶ崎市浜之郷435-1

骨折のリハビリ・骨折後の関節拘縮や筋力低下

応急処置「骨折」編

応急処置「骨折」編

「骨折」は、大きく骨がずれていないと外から見ただけでは「捻挫」との判断が難しいです。

しかし、気づかずにそのまま放置していると、変形した骨のままの状態でくっついたり、逆に骨がつかなくなる事もあります。

また、病的骨折(骨粗鬆症などの病気)、疲労骨折(過度の運動で生じたひびによる)は、特に強い外力がかからなくても折れていることがあるので、ケガをした覚えがなくても、症状によっては骨折が疑う必要があります。

イザという時のために、「骨折」の応急処置の方法を知っておくと安心です。

 

まずは、症状を観察して、骨折かどうかを見極めます。

  • 負傷した部分が不自然に変形している。
  • 強い痛みがある。
  • 患部が腫れている。
  • 骨が突き出ている。
  • 痛みで動かせない。

大腿骨折の場合は、体内で多量の出血をしているため、ショック状態で顔色が青くなったり、皮膚が冷たくなったりします。

 

【応急処置】

  • 衣服が負傷部位を締めつけている場合は、脱がせるか切り広げる。
  • 傷や出血があれば、患部を動かさないように止血する。

止血の際は、清潔なガーゼやタオルを使用。

また、感染を防ぐため、ビニール手袋などを使用し、血液に触れないようにする。

  • 患部を氷袋などで冷やす。(タオルなどでくるみ、凍傷を防ぐ)
  • できれば、心臓よりも上に挙げて安静を保つ。
  • 固定する。

救急車が来る(病院に行く)まで、動かさないよう骨折箇所を固定します。固定は、痛みを抑えるだけでなく、骨折した骨が付近の血管や神経を傷つけることを防ぎます。

<固定方法>

添え木を布や包帯、三角巾で固定。

添え木がない場合は、段ボールで代用し、患部を完全にカバーできる大きさのものを使用する。

どの箇所でも、骨折している上下2関節が動かないように固定する。

固定の際は、負傷者の様子を観察しながら、痛みを伴わないよう慎重に行う。

 

応急処置後は、なるべく早く病院や整形外科で治療を受けましょう。

特に、骨折の場合は、8時間がゴールデンアワーと呼ばれ、治療や回復を左右するので、早急な対応が求められます。

HOME

初めての方へ

アクセス・料金

採用情報

施術メニュー

症状別メニュー【全身・その他】

患者様の声

ブログ

初回割引キャンペーン
  • たわらや整骨院
  • LINEで予約