受付時間
9:00~12:00 × × ×
14:00~22:00 × × ×

休診日:木・日曜、祝日
※土曜日は17:00までの診療
※平日19:00~22:00は交通事故のみ対応

たわらや整骨院 0120345693

アクセスマップはこちら

〒253-0086 神奈川県茅ヶ崎市浜之郷435-1

交通事故に遭ってしまった際の手順

交通事故現場でしてはならない事

交通事故現場でしてはならない事

●即決示談には応じない
交通事故の現場では、「賠償金を100万円支払うから」と金額提示されても、その場で応じてはいけません。
ちょっとした物損事故なら、少額の賠償金ですぐに決着することもあります。当事者同士が合意したうえで、後々トラブルを起こさず損害額を現金処理するなら、特に問題はありません。
しかし、出会い頭の追突事故や被害が大きな事故の場合、お互いの過失割合や、正確な損害額が確定するまでは、保険会社を介さずに、損害賠償額についての話はしないようにしましょう。
また、一度示談が成立してしまうと、後遺障害が出ている場合などを除き、変更するのは非常に困難になります。示談は、原則としてやり直しや取り消しができないことを、覚えておきましょう。

●必要以上に下手にでない
自分の過失により交通事故を起こしてしまった場合は、自分に非があると思い、相手に平謝りに謝ってしまうかもしれません。しかし、後々「言った、言わない」などの問題になり、示談でもめることもあります。必要以上の謝罪や、責任が全部自分にあるような言い方は、しないようにしましょう。
しかし、交通事故をおこしたのに、その相手に横柄な態度で接することはよくありません。怪我をしている相手を心配する気持ちは大切です。「大丈夫ですか?」「けがはありませんか?」など、相手を気づかう態度は表しておきましょう。

●「念書」の求めには絶対に応じない
「念書」というのは、後々やっかいな証拠となってしまうものです。メモ書き程度のものでも、証拠として重要視されてしまいます。「交通事故の責任は一切自分にあり、全額賠償します」などの「念書」を書くように要求されても、絶対に応じないことです。
大抵の場合、被害者に保険金を支払うのは、保険会社です。保険会社が100%の過失でないと判断じた場合は、示談交渉でもめる原因となります。最悪の場合、相手側の過失分を加害者が支払うことになりかねませんので、注意しましょう。

HOME

初めての方へ

アクセス・料金

採用情報

施術メニュー

症状別メニュー
【全身・その他】

患者様の声

ブログ

院概要

初回割引キャンペーン
  • たわらや整骨院
  • LINEで予約