受付時間
9:00~12:00 × × ×
14:00~22:00 × × ×

休診日:木・日曜、祝日
※土曜日は17:00までの診療
※平日19:00~22:00は交通事故のみ対応

たわらや整骨院 0120345693

アクセスマップはこちら

〒253-0086 神奈川県茅ヶ崎市浜之郷435-1

人身事故に切り替える?切り替えない?

人身事故VS物損事故トラブル(1)

人身事故VS物損事故トラブル(1)

 

交通事故では、「人身事故」もしくは「物損事故」のどちらかで、警察に届ける必要があります。

 

ケース1)

交通事故で軽症を負ったが、加害者が治療費を支払うので「人身事故」にする必要はないと、いわれるがまま「物損事故」にしてしまった。

ケース2)

「人身事故」であるが、加害者から、仕事の都合上「物損事故」にしてほしいといわれている。

ケース3)

「人身事故」にしたものの、加害者が誠意をつくしてくれたので、減刑させてあげたので、「物損事故」に切り替えてあげたい。

 

などなど、人身事故VS物損事故をめぐるトラブルは多々あります。

後々、不利益を負わないためにも、これらの違いについて、知っておきましょう。

 

「物損事故」とは、事故による死傷者が発生しなかった場合。

例えば、車を軽くこすっただけ、ドアの開閉時に接触したなど、車の修理程度の事故などです。

物損事故は、自賠責保険の対象外なので、賠償は「任意保険」もしくは「自腹」になります。

 

「人身事故」とは、事故により死傷した人が出た場合。

軽いかすり傷程度から、骨折などの重傷。死亡に至るケースなど、さまざまです。

刑事処分:懲役や禁固刑および罰金刑

行政処分:免許停止・取消

民事処分:被害者への損害補償

など、賠償や罰金などの責任や処分が発生します。

加害者にとっては、できることなら「物損事故」で済ませてほしい、というのが本音です。

 

「人身事故」か「物損事故」か、その違いは?

 

「人身事故」は、前述のとおり、死傷者が出たかでなかったかが基準です。

しかし、軽いケガのケースでは、“どの程度がケガなのか”というラインは、被害者の判断になります。

逆にいうと、加害者が「この程度だから物損事故で」と決められることではないのです。

被害者が、病院で診察を受け、診断書を提出し申告することで、「人身事故扱い」ということになります。

 

「人身事故」にすることとしないことについての判断には、大いに迷うこともありますが、「物損事故」にすることで、実際に不利益が生じることもあります。

冒頭の【人身事故VS物損事故トラブル】ケース別に、確認していきましょう。

 

HOME

初めての方へ

アクセス・料金

採用情報

施術メニュー

症状別メニュー【全身・その他】

患者様の声

ブログ

初回割引キャンペーン
  • たわらや整骨院
  • LINEで予約