受付時間
9:00~12:00 × × ×
14:00~22:00 × × ×

休診日:木・日曜、祝日
※土曜日は17:00までの診療
※平日19:00~22:00は交通事故のみ対応

たわらや整骨院 0120345693

アクセスマップはこちら

〒253-0086 神奈川県茅ヶ崎市浜之郷435-1

人身事故に切り替える?切り替えない?

「人身」?それとも「物損」?

「人身」?それとも「物損」?

交通事故の届け出時に、状況により「人身事故」か「物損事故」かで、迷う場面があります。

 

「人身事故」は、もちろん事故で治療や検査を要するケガをした人がいる場合。一方、「物損事故」は、単独事故や相手のある事故で、主に車両や対象物に損傷はあるが、ケガ人がでていない場合です。

ケガ人がいるかどうか、ということが「人身事故」と「物損事故」の判断基準となるのですが、交通事故では判断がつきにくいケースもあります。

このようなケースを見てみましょう。

 

ケガが軽症だったケース

 

「ケガが軽かった場合、念のため検査はするが通院するかどうかは不明な時。加害者が、治療費は自己負担するといわれた。」

加害者は人身事故にすることで、行政処分(減点や免許停止・取消など)や罰金などを受けることになります。

このケースでは、加害者が治療費を負担しても、物損事故で届けたいということです。

アドバイスとしては、後々治療費を払ってもらえなくなるなど、トラブルになるケースが多くあるため、病院で検査を受けるとき決めた時点で、迷わず「人身事故」として届けましょう。

 

後日、身体に症状があらわれたケース

 

「その時は、ほとんど不調を感じなかったため、加害者や警察にケガはないと申告した。」

交通事故ではよくあることですが、事故後すぐにではなく、症状が2〜3日(もっと後であらわれるケースも)たってからあらわれてくるケースです。

アドバイスとしては、加害者と警察に連絡し「人身事故」の手続きを申請し、すみやかに病院で検査を受けましょう。

 

加害者が無保険だったケース

 

「加害者が自賠責保険に加入していないので、自腹で治療費を払いますといわれたので、警察へは届けていない。」

(ひき逃げ事故で加害者が特定できない場合も同じです)

アドバイスとしては、警察に「人身事故」として届け出。「政府保障事業」に治療費の請求申請を行いましょう。

治療費に際しては、健康保険や労災保険などの控除分がてん補されます。

 

いずれのケースも届け出が遅くなると請求ができなくなることもあります。交通事故でケガかな?と気付いたら、できるだけすみやかに「人身事故」として届けましょう。

 

当院では、交通事故治療において豊富な症例実績を持ち、患者さまに応じたカスタマイズ治療を行っています。

すでに通院中の方も、どうぞ気軽にご相談ください。

 

HOME

初めての方へ

アクセス・料金

採用情報

施術メニュー

症状別メニュー
【全身・その他】

患者様の声

ブログ

院概要

初回割引キャンペーン
  • たわらや整骨院
  • LINEで予約