受付時間
9:00~12:00 × × ×
14:00~22:00 × × ×

休診日:木・日曜、祝日
※土曜日は17:00までの診療
※平日19:00~22:00は交通事故のみ対応

たわらや整骨院 0120345693

アクセスマップはこちら

〒253-0086 神奈川県茅ヶ崎市浜之郷435-1

睡眠

良い目覚めのための習慣

良い目覚めのための習慣

朝のスッキリとした目覚めで一日が始まることはとても爽快です。

生活の中でちょっとした習慣を取り入れることで、毎朝の元気なスタートを実感してみませんか?

 

まず、良い目覚めのため「睡眠のメカニズム」について、知っておきましょう。

睡眠は、その深さによってレム睡眠(浅い睡眠)とノンレム睡眠(深い睡眠)で構成されています。

眠りに落ちると、まず浅いレム睡眠から徐々に深いノンレム睡眠に入り、約90分のサイクルで繰り返されていきます。

睡眠は、脳の活動を休息させることが目的ですが、このレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返すことで、大脳の温度を上手くコントロールする役割を持たせています。

この仕組みが上手く機能することで、大脳がスムーズに活動を再開し、一日を始めることができるのです。

 

朝、スッキリ良い目覚めを得るためには、大脳をしっかりリラックスさせて眠りにつけることが条件です。

寝る前に、リラックス状態になるための準備を行うことで、効率的な睡眠サイクルに導いていきます。

 

【寝る前の習慣】

  • お風呂はぬるめ(38〜40度)のお湯にゆっくりと浸かる。
  • リラックスできる音楽で、緊張状態を解く。
  • 睡眠1時間程前から、照明を落としリラックスモードにする。
  • ホットミルクやココアなどで身体を暖める。
  • アロマテラビーなどでリラックス効果を高める。
  • 読書やパソコンなどをひかえる。
  • 直前の食事や飲酒をしない。

 

熟睡のためには、寝る前に「脳に刺激となる要素を避ける」ことが大切です。

脳に強い刺激を与えると、リラックスとは逆に覚醒した状態になってしまい、寝付きが悪くなってしまいます。

 

また、熟睡のサイクルを得るためには、できるだけ同じ時間に寝起きするというルーティンを実行し、体内のリズムを整える生活習慣を心がけましょう。

 

そして、朝起床したら太陽の光をしっかり浴び、セロトニンという覚醒ホルモンを十分に分泌させます。

このセロトニンの分泌が約14〜16時間後、自然な眠気を促す効果を発揮してくれます。

 

忙しさとストレスの多い現代の生活の中で、質の良い眠りと目覚めは心身バランスにとても大切な要素です。

「良い目覚めのための習慣」、今日から始めてみませんか?

 

HOME

初めての方へ

アクセス・料金

採用情報

施術メニュー

症状別メニュー
【全身・その他】

患者様の声

ブログ

院概要

初回割引キャンペーン
  • たわらや整骨院
  • LINEで予約